So-net無料ブログ作成

川島なお美さん 胆管がんで息を引き取る直前の様子を夫でパティシエの鎧塚俊彦さん語る [川島なお美さん 夫との最後の会話]

川島なお美さん 胆管がんで息を引き取る直前の様子を夫でパティシエの鎧塚俊彦さん語る

動画はコチラ 

なお美最後サムネ.jpg

 鎧塚氏 なお美さん最期を気丈に語る「魂を吐き出す感じで力強かった」…「最高の女房」と感謝

24日に胆管がんで急逝した女優・川島なお美さん(享年54)の夫でパティシエの鎧塚俊彦さん(49)が26日午後7時ごろ、都内の自宅前で報道陣の取材に応じ、息を引き取る直前の様子などを語った。

 

 鎧塚氏はこの日、喪服の準備のために一時外出。帰宅した際に、報道陣の取材に応じた。25日のフェイスブックでは、気持ちの整理がつかないとして10月1日の通夜後にマスコミに対応するとしていた。

 

 

 鎧塚氏は「(最期の瞬間は)僕の目をしっかり見てハッと魂を吐き出す感じで、力強かったです」と気丈に妻の最期を語った。

 

 川島さんは23日午後11時ごろに突然、ベッドの上で吐血。その後意識が遠のき、「アー、ウー」という声を発するものの、危篤状態となった。

 

 突然の吐血に「僕が慌てちゃって…量も多くて。(彼女も)自分でも、厳しいと思った(悟った)んだと思います」と明かした。

 

 いつもなら洗面器など受けるものを用意していたが、その時に限って用意しておらず、鎧塚氏が「ごめんね、悪かったね」と謝ると、川島さんは「ううん、私こそごめんね」と謝ったという。それが夫婦で交わした最後の会話となった。

 

 鎧塚氏は「その時は(シーツを)汚してごめん、ということだと思っていたのですが、その後意識が遠のいて…」と沈痛な面持ちで振り返った。

 

 付きっきりで看病し、最期を看取った鎧塚氏。「僕の健康管理など、さまざまな面でバックアップしてくれて、本当に最高の女房でした」と感謝の気持ちを言葉にした。

 

 1.PNG

2.PNG

 

 【引用】

文字ソース

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150926-00000098-dal-ent

画像ソース 

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/07/69/157c5a994398f9eba1b1615e5a0ac7d0.jpg


 

 




スポンサーリンク






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました